So-net無料ブログ作成
検索選択

免許ない乗組員が操船=沖縄の3人死亡事故−運輸安全委(時事通信)

 沖縄県本部半島沖で2008年10月、貨物船と漁船が衝突し、漁船の乗組員3人が死亡した事故で、運輸安全委員会は23日、船舶免許を持たない乗組員が漁船を操縦し、船長に貨物船との接近を報告しなかったとする調査結果を公表した。
 こうした運航は違法ではないが、安全委は船長の実効的な指揮監督を周知徹底するよう望むとの所見を国土交通省などに示した。
 報告書によると、事故は08年10月23日未明に発生。貨物船「しゅり」(9813トン、乗員11人)は進行方向から近づいてきた漁船「航平丸」(14.7トン、乗員6人)を避けるため、やや右に針路変更したが、航平丸は左にかじを切り、双方の針路が交差した。
 航平丸を操縦していた乗組員はパニック状態になり、より大きな左旋回や減速、停止などの措置を思い付かなかった。しゅりの船首と航平丸の右側船尾はほぼ直角に衝突。航平丸は船体が二つに折れた。 

【関連ニュース
「時間足りず報告書事前入手」=漏えい検証チームにJR西幹部
着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」
第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁
安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告
「安全管理体制立て直しを」=JR西に根本的対処求める

別の強姦2件でも追起訴…時効直前起訴の被告(読売新聞)
<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
高速料金 首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」(毎日新聞)
不適切取材で役員ら懲戒処分=TBS(時事通信)
大宮盆栽美術館 トラブル続きで注目?入館者数は順調(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。